設計の進め方

■お問い合わせ まずは、お電話やメール等でお気軽にご連絡ください。

■ご相談

無料にてご相談を承ります。

直接お会いして、ご質問・ご要望・将来計画などをお聞きかせください敷地が定まっている場合は、その図面をお見せいただければと思います。

同時に弊社の過去の作品をお見せいたします。その設計の考え方や、私たちの取り組む姿勢もお話させていただきます。また、設計料や仕事の進め方もご説明いたします。

この段階では、お互いの気持ちを理解し合うことが、とても大切だと考えています。


■調査
プレゼンテーション

ご相談後に依頼いただいた場合は、ご提案を承ります。

詳しいご要望を伺い、敷地の環境調査や、法令調査を行い、第1回目のプレゼンテーションを行います。設計図面・模型・イメージ図などで、構想を形にいたします。ご相談から3週間ほどのお時間をいただきます。

この段階は夢が形になる第一歩として、一番大切な作業となります。私たちはさまざまな角度から検討して案を作り、建築主さまには十分時間をかけて検討していただきます。

一般的な住宅(木造2階建程度)や同規模の建築物の場合、5万円程度でお引き受けします。設計契約に至る場合は、設計監理料に含むものとします。


■設計契約

提案させていただいたプランにご納得いただけましたら、建築設計・監理業務委託契約を交わし、基本設計に進みます。

この時点で、第1回目の設計・監理料をお支払いいただきます。


■基本設計

基本設計段階は先のプランをもとに、建築確認申請提出図面および平面図・立面図・断面図などを作ります。

詳細設計の前段階で、住みやすさ、使いやすさ、美しさなど、全体像を建築主さまとの打ち合わせを重ねながら、再確認を行います。
必要に応じて、工事費の概算金額を見積りします。

打合せは2~3週間に1度です。


■実施設計

基本設計をもとにさらに詳細に設計内容を詰めていくのが、実施設計です。基本設計によって決定した建築計画に基づき、デザインと技術の両面にわたり、細部の検討を行います。

使用材料のサンプルや機器メーカーの資料を集めます。建築主さまとの打ち合わせを重ねながら、構想を具体的なイメージに作り上げていきます。そして数十枚の設計図書を製作して建築主さまにお渡しします。

打合せは2~3週間に1度で、概ね2~3ヶ月のお時間をいただければと思います。


■施工者選び
見積金額調整
建築確認申請

施工者の選び方は、1社見積り・複数社による見積り合わせ・入札の3通りあります。設計図書を基に工事見積書を提出していただきます。私たちは建築主さまの立場で、その見積書の査定及び交渉、そして施工者の適正な技術力・信頼性を見極めます。

また、場合により予算に応じた金額に納まるよう、設計内容を見直し、調整をいたします。

工事見積金額が決まり次第、建築主さまは施工者と工事契約を結んでいただきます。設計監理者として、工事契約の立会いや調印を行います。

同時に、確認申請業務を行ないます。

この時点で、第2回目の設計・監理料をお支払いいただきます。


■着工
工事監理
現場打ち合わせ

これから建築工事開始です。地鎮祭・基礎工事・上棟式・造作工事・内装工事と進んでいきます。目の前で、設計段階のイメージが具体的な形となり現れます。

工事監理者として建築工事全般を監理いたします。通常7日~10日に1回、現場に訪れ、進行状況の確認、設計図書との照合、施工者への伝達、建築主さまへの報告などをさせていただきます。また、現場の進行に合わせ、建築主さまと使用材料や色彩の最終確認を行います。


■竣工

建築工事が終了した段階で、完成検査を行います。設計事務所検査、建築主さま検査、公的機関検査を行います。お引渡し時には各種説明書提出、鍵の引渡しに立会い、私共から工事監理報告書を提出いたします。同時に完成写真の撮影を行います。

最終工事費を清算し、第3回目の設計・監理料をお支払いいただきます。


■お引渡し後

いよいよ新生活のスタートです。

メンテナンスなど、何か問題やご相談がある場合は、いつでもご連絡下さい。

また、家族の成長など、ライフサイクルに応じたリフォーム・増築などへの適切なアドバイスを行う、生涯のパートナーとしてもおつきあいさせていただきます。

□以上は、あくまでも目安としてお考え下さい。


費用について

■設計監理料

※設計相談は無料です。

※一般的な住宅及び同規模の建築物の設計・監理費用は、
予定建築工事費×9% + 60万円です。

ただし予定建築工事費が2000万円以下の場合は、一律12%とさせていただきます。

契約書は(社)日本建築家協会の書式で、その支払い方法や業務内容、約款などをご説明させていただきます。

プランニング費用の5万円は、設計・監理費に充当します。

注)

  1. 上記以外の規模の建築物については、ご相談させていただきます。
  2. 構造設計は外注となりますが、構造計算が不要な場合(木造2階)は、設計料に含みます
  3. 構造計算が必要な構造設計の場合は、別途ご相談させていただくことがあります。
  4. 戸建住宅の設備設計は、当社にておこない、設計料に含みます。
  5. 一般建築の設備設計は、外注となることもありますので、別途ご相談させてくだくことがあります。
  6. 確認申請、検査費用等の審査機関に支払う費用は、設計料には含みません。
  7. 審査機関に支払う適合判定費用は設計料には含みません。
  8. 測量、地盤調査費は設計料には含みません。
 
■その他 登記関係につきましては専門家をご紹介いたします。ご相談ください。

このページの先頭へ