Q&A

よくある質問をまとめました。

Q.資料等があれば頂きたいのですが、送ってもらえますか? 主なプロジェクトを掲載した、会社概要を用意しています。
メールにて、ご連絡ください。
Q.設計を依頼したいのですがどうすればいいですか? まずは、メール・電話等で、ご連絡いただければと思います。その上でお会いし、具体的なお話をお伺いさせていただければと思います。
Q.遠隔地でも設計してもらえますか? 遠方の場合は交通費をご負担いただくことになりますが、対応いたします。
これまで、遠いところでは、石川県と大阪府のプロジェクトの経験があります。
Q.相談や提案をしてもらうのは有料ですか? 進め方については、その都度できるだけ、ご要望に添うようにしたいと考えていますが、原則として、ご相談については、無料で承り、初回の提案については一般の住宅で5万円でお引き受けいたします。
初回のご提案では、図面と模型でプレゼンテーションをし、概略の工事費のイメージをお伝えします。設計を進めていく場合は、初回のプレゼンテーション費用は、設計監理費に含むものとしています。
Q.どの建築家でも設計監理報酬料は同じですか。 建築家のキャリア、実力、事務所の運営、建築場所により違いがあります。設計監理業務内容を確認した上で、しっかりとした自己判断をする必要があるでしょう。
Q.建築家に頼むと、どうして時間がかかるのですか。 建築家は依頼者の考え方、生活観等じっくり考察し、全体像を視野に入れてデザインしていきます。この間にいろいろ計画案を創り試行錯誤を繰り返し、依頼者と共に一つしか出来ない建物を作ろうとします。この時間をお互いに持つことは、大切なことだと考えています。
Q.建築家に頼んでも思いどおりにしてくれるのですか。 建築家は建物の実用性と共に、何か心にふれあうものを創ろうとします。建築家も自己表現だけでなく、依頼者と共に創る行為、お互いの理解と信頼関係を大切にします。そして、依頼者の思いを、よりすばらしい形にしようとします。
Q.設計を途中でストップできるのでしょうか。 様々な事情により、途中で計画を止めることもあろうかと思います。従いまして、可能です。建築家に事情を説明して理解を得てください。しかしその時点までの設計料の支払いが必要です。これらの事柄は、設計監理業務委託契約書に記載されています。設計監理業務委託契約時に、契約解除の方法も説明させていただきます。
Q.構造の種類によって工事費は違いますか。 構造の種類によって違いが出てきます。一般的に、
・木造
・鉄骨造
・鉄筋コンクリート造
の順に高くなる傾向があります。近隣環境、敷地条件、設計条件によっても違ってきます。予算や設計要望を伝えていただければ、適切な構造を選択いたします。
Q.建築家に依頼すると工事費が高くなるといわれていますが 工事費は設計内容及び見積書の内容を確認し、どこまで含まれて、いくらなのか確認する必要があります。建築家に依頼された建物はオリジナルなもので、詳細な設計図や仕様書により、詳細な見積書出されます。建築家がその見積書に間違いが無いか、単価設計が適切化など査定し、依頼者に説明します。依頼者の要望にそってコスト調整に努力し、納得された金額で着工いたします。
Q.施工者はどのようにして選べばいいのですか。 3つの方法があります。
第一は特命方法です。われわれが日ごろ付き合っている施工業者に依頼する方法です。施工能力、単価、携わる方たちの人柄などわかっているため、安心です。

第二は見積合わせです。施工業者3~4者に同じ図面で見積依頼する方法です。出された見積金額や施工業者の取り組み姿勢、実績や評判などを含め、総合的な視点で決める方法です。

第三は入札です。複数の施工業者に同じ図面で見積依頼をして出された見積金額低価格の施工業者に決める方法です。一般的に公共建築によく見られる方法です。

いずれの方法も、われわれが立会い、さまざまな点でアドバイスさせていただきます。
Q.知人の工務店や工事店を使ってほしいのですが。 建築家の仕事を日ごろ行っている施工者は安心ですが、経験がない場合は、事前打ち合わせをしっかり行いたいと思います。技術力はもちろんのこと、誠実さと熱意のある施工者であればよいと思います。
Q.工事中の変更は可能でしょうか。 施工途中の変更はあまり望ましくありませんが可能です。変更の内容によりますが、途中状態での判断は構造的、品質、工期施工費などに影響を与えます。
慎重に対応したいと思います。
Q.工事中のトラブルについて建築家は見てくれますか。 工事中のトラブルにはいろいろなケースがありますが、施工上の間違いは建築家が監理者として、施工業者と協議して解決にあたります。騒音等施工に直接関係することは施工者の責任で解決します。境界線等隣接者との問題は、依頼者が話し合って戴かねばいけません。しかしどのようなトラブルでも依頼者、設計者、施工者の三者で検討し、適切な対応をしていきます。
Q.土地探しから相談にのってもらえますか もちろん可能です。
同じ面積の土地であっても、法規制や、敷地形状により、そこに建てられる建物の大きさに違いがでてきます。土地探しの段階から建築家に相談をすると、建てられる建物の大きさを把握しながら検討をすることができます。場合によっては、簡単なプランをお伝えいたします。
法規制・敷地形状以外には、周辺環境・インフラ(ガス・水道等)の状況・地下埋設物の可能性・土地の高低差(擁壁の有無)・コンクリートブロック壁の有無等を見てアドバイスをおこないます。

このページの先頭へ